軍隊式性欲管理|あらすじネタバレ

軍隊式性欲管理第4話・・・ネタバレあらすじ

投稿日:

エロ度MAX

軍隊式性欲管理を今すぐ読む

▲性欲処理専門大尉ダリアの超絶テクニック▲

軍隊式性欲管理4話~あらすじ(ネタバレあり)

▼▼▼タッチで今すぐ無料試し読み▼▼▼


任務地には時折上層部がやってくる。

訪問する上層部の人間は複数人で同時に性欲管理業務に参加することもあり、

その場合は医官は全員の対応をする必要がある。

 

食事の席でダリアの活躍をたたえ、ダリアの身体の心配をする上層部。

ダリアも自身の仕事に誇りを持っており、その業務に付ける悦びを上層部に伝えた。

 

もちろん、この食事会の後に性欲管理業務がはじまるのだが、

複数人を相手にするダリアの負担を考え(?)、食事に少し薬を持ったと言い出した上層部。

 

ダリアの身体を心配し、

薬の使用を注意する補佐官。

身体に害のない薬だと説明があるが、

その時すでにダリアの表情はとろんとして、正常ではなくなっていた。

 

同時に4人に囲まれ、おっぱい、口、まんこ、全てを使われ

それぞれのちんぽにご奉仕するダリア。

乳首もぐりぐりとつままれ、薬の影響もあり、いつもよりも興奮状態のダリア。

薬のせいでただでさせ身体のいたるところが敏感になっているのに、

今度はクリを舌でレロレロと愛撫され、もはやメロメロになってしまっている。

 

ついに、潮吹きしてしまい、

これをみた上層部はご満悦。

 

次々にダリアに射精し、ドロドロの精液まみれになりながら、ダリアのマンコも熱くなっていく。

複数人を相手にしているにも関わらず、

上層部の命令は、

「今夜ここにいる全員の精液が枯渇するまで搾り取ること」だった。

媚薬でマヒしたダリアの身体は、本来の体力とは別の力で朝方まで性欲処理をし続けた。

 

この理不尽な行為をただただ見ているしかない補佐官。

もちろん補佐官の階級は上層部を制止することができる階級ではなく、

媚薬の使用も軍規で禁止されている訳ではない。

だが、医官の身体を思えば、補佐官は上司の無理を止める義務がある。

しかしやはり、上層部が束になってやりたい放題では、伍長ごときに止めることはできない。

 

媚薬の使用でまだ朦朧としているダリアを抱きかかえ、管理室に戻る補佐官。

道中、言いようのない無力感を感じていた。

 

>>第5話 補佐官くんへのお願いは…

 

軍隊式性欲管理4話~感想

▼▼▼タッチで今すぐ無料試し読み▼▼▼


流石上層部。

汚いですね(笑)

どこの世界でも上層部というのは身勝手でやりたい放題なものです。

複数人を相手にする医官を気遣って媚薬・・・っていうあり得ない気遣い!

 

媚薬を飲まされたうえ、複数人から執拗に体中を愛撫されては

少しの刺激でも感度バツグンになっているんだから、イキまくりでしょう!

 

確かに媚薬がなく正常な状態では朝まで処理はできない!

とっくに体力は果てているのに、媚薬の効果で精神が高ぶりなんとかこなしていたんでしょう。

冷静に考えると可哀そうですが、

エロシーンだけを考えると、見ごたえはありましたね!

挿入なしで、ここまで男も女もイきまくれるなら、これもありか!

 

でも、最終的には挿れたいね~。

うずうず

エロ度MAX

軍隊式性欲管理を今すぐ読む

▲性欲処理専門大尉ダリアの超絶テクニック▲

-軍隊式性欲管理|あらすじネタバレ

Copyright© ヨールキ・パールキの軍隊式性欲管理を読んでみた!噂通りのエロMAXで即抜き保証! , 2019 All Rights Reserved.